【第298回】ライブレポート

0

    JUGEMテーマ:趣味

    JUGEMテーマ:RADWIMPS

     

    こんにちは、Nasu。です。

     

    先日推しバンド「RADWIMPS」の「ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019」というツアーのLIVEに行ってきました。

     

    去年発売されたアルバム「ANTI ANTI GENERATION」の全国ツアー中なのですが、

    今作はフィーチャリングゲストが多めの作品となっており、ONE OK ROCKのTakaやあいみょん、Miyachi、Tabu Zombieといった豪華アーティストが参加しております。

    どこかの会場ではゲストとして来てくれんじゃないかという期待を持ってLIVEに臨んでいる方も多いと思います。勿論私もその一人です。

     

    さて、私は今回のツアー4回目の公演となるZOZOマリンスタジアム(2日間開催)での公演に行ってきました。

    唯一の野外でのLIVEなのですが、時期は梅雨。加えてこのバンドは雨バンドです。天気予報はもちろん雨。詰み。

    雨天決行で、雨でのLIVEも風情があっていいのですが、それでもやっぱり晴れている方がいいですよね。

     

    そして、1日目の当日。

    案の定、雨。朝から降ったり止んだり。こんな状態が夕方の会場入場時になっても続いていました。

    特に入場時は結構強い雨が降って、結局雨かーと少々がっかりしていたのですが、なんと開演直前で雨が上がったのです。

    こんなタイミングで晴れるのか!!!!!!!!!!とテンションが爆上がりしたのですが、ここで「雨が上がり晴れる」という事象がとてもとてもエモい理由がここにはございまして。

    この雨バンド「RADWIMPS」は、7/19(金)公開「天気の子」という映画の主題歌と劇伴を担当しています。この映画のヒロインが、祈ると天気を晴れにする不思議な能力をもつ100%晴れ女というキャラクターなのですが(予告映像見てください)、こういった現在RADWIMPSが関わっている映画との繋がりがあって、「天気の子ってほんとにいるじゃん!」とエモエモのエモくなったわけです。

    結局本番中は一回も雨は降りませんでした!

     

    ついに始まったLIVE本番。

    およそ3万7千人が一斉に歓声を上げたり、飛び跳ねたり、ハンドクラップしたりする様は圧巻でした。盛り上がり方が半端ないです。

    セットリストの中には新作アルバムの曲だけでなく昔の曲もあったりしたのですが、その中にはライブで聞きたかった自分の一番大好きな曲を歌ってくださりこれには号泣。。。

    あとはZOZOマリンならではのあの曲の歌詞の替え方とか、、、発狂物でしたね。

    またアンコール後にプレゼントあるから受け取ってくれと言われて、何だろうと思いながらみんなでカウントダウン開始、

    5、4、3、2、1・・・

     

     

    なんということでしょうか。盛大に花火が上がりました。粋な計らい!!!

    そんなめちゃくちゃ凄い花火ではなかったけれども、それでもこんなことがあるとは思ってなかったので感動しました。

     

    演出もセットリストも、雨から晴れたというシチュエーションも、また今作のアルバムはフィーチャリング多めと冒頭に述べましたが、スペシャルゲストMiyachiが来てくれたことも、花火というサプライズも全部全部なにからなにまで最高なLIVEでした。

     

    ちなみに2日目も行きました。2Daysの参加です。

    2日目は、1日目のスペシャルゲストMiyachiだけでなくTabu Zombieも加わり、非常に豪華なLIVEになりました!(ZOZOマリン以外の1〜3回目の会場はスペシャルゲスト来てなかったそうです)

    セットリストも1日目と違いましたが、う〜〜〜〜んどっちも好き!!!

    ボーカルの洋次郎に、明日は月曜日だけどそんなこと忘れて全ての力出せと、先生や上司に怒られても洋次郎のせいにしていいから!と言われたので、遠慮なしに自分のありとあらゆるエネルギーを出してきました(次の日はもちろんちゃんと仕事行きました)。

    終演後汗だくでしばらく息切れしていましたが、2日目も最高でした。

     

     

    今回は野外でのライブに参加しましたが、箱とはまたちがった音の広がり方を魅せてくれるので、ほかの会場では得られない特別な体験ができたと思います。

     

    まだ5回しかLIVEに参加したことない歴の浅い若造ではありますが、過去一で素敵なLIVEでした。

    人生で一番幸せといっても過言ではない二日間を過ごせたと思います。

     

    -------------------------------------------------------------------------------

    今回のツアーのトレーラーがご覧になれます。

    https://www.youtube.com/watch?v=4bTDPYY-O9o

     

    会場の様子

    1日目 指定席A

     

    2日目 アリーナスタンディングS

    後ろ側

    ※会場の写真撮影は終演後のみ禁止されておりません。

     

     

     


    【第236回】Virtual Reality

    0

      こんにちは、Nasu。です。

       

      皆さん、Switch買いましたか?買いましたよね。

      今日はもう寝ようと思ってTVの電源落としても、TVモードから携帯モードに切り替えが一瞬でできてしまうため、お布団でもプレイを強要してくるのでなかなかに悪い子ですペコちゃん

       

       

      さて、大分前のことになるのですが、弊社にVRヘッドマウントディスプレイ「HTC VIVE」がやってきましたきらきら

       

      当初はSteamでダウンロードしたゲームをみんな遊んでいたのですが、最近ではめっきり遊ばなくなったことをいいことに、基本的に自分が占領していますき

       

      (定時後に)ゲームをプレイすることもありますが、遊んでいるわけではなくてどのような酔い対策をしているのかとか、コンテンツのVRの相性とかを見ているんですアセアセ多分。きっと。恐らく。

       

      また、無料のゲームエンジン「Unreal Engine4」使って、サンプルプロジェクトをVRで書き出したり、テンプレートプロジェクトをいじったりしています。

       

      VRのテンプレートがあるので、やりたいことがすぐ実装できて試せるので楽でいいですねkyu

       

      物をコントローラーで掴んだり、

       

      テレポート移動機能がデフォルトでありますから、簡単なものを作るのであれば、細かいシステム周りは作らなくて済むので便利です。

       

      プライベートでも、VRアート個展を見に行ったり、SAOOS見てVRARの未来を感じてきたり、自宅にもPSVRがあったりするので充実した?VRライフを送っていたのですが、申し訳ないですけどしばらくはSwitchに浮気ですかねーハート

      まぁSwitchのJoy-Conに搭載されているHD振動も、触覚におけるVRみたいなものですからね。似たようなものですよね。だからセーフ(?)手

      (体験会ではスプラトゥーン2体験版プレイして、発売された今はゼルダをプレイしているからHD振動体験してない。そのうちね、そのうち。)

       

       

      そういえば、今年の夏に歌舞伎町に国内最大級のVR施設ができるらしいですよニコ

      VRデバイスが手元になくてもお手軽にVRが体験できるようになりますね。良い事です。

       

      それではDocomo88


      【第203回】儚い願いは一瞬で

      0

        こんにちは、Nasu。です。

         

        「君の○は。」大ヒットしていますね。興行収入170億円突破したとか・・・。

        9週連続首1位だったそうで。

        もちろん私もたったの3回ほどですが観ました。

         

        劇中で、主人公とヒロインがお互い違う電車に乗車中にすれ違い、窓越しにお互い気付いて運命の出会いを果たすシーンがあるじゃないですか。

         

        映画を観た帰りに電車に乗ったわけですが、自分にも運命の出会いがないかとそう思った私は窓から外を眺めるわけです。

        もしかしたら素敵な人と目が合うかもしれない。そんな淡い期待を込めて。

         

        そして向こうから遂に電車がやってきました。

         

        じっと目を凝らします<●><●>

         

         

        ちょっと瞬きしたその瞬間に、電車は一瞬で通り過ぎていきました。

        私の夢を奪い去っていきました。

         

        どんな人が乗っていたのかなんて到底判別できません。

        そりゃそうですよ。お互い違う向きに走っているのですから。

        高校のとき物理の授業で相対速度って習ったじゃないですか。

        もし並走していたらワンチャンあったかもしれないですね!!!!

         

        その後なにやってんだろうと我に帰り、一人むなしく悲しみにおぼれました。

        映画観て泣いたけど、また泣きたくなりました。違う意味で。

         

         

        それでは、また。



        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>

        selected entries

        categories

        OLIBANU

        archives

        recent comment

        • 【第255回】第36回ボランティア清掃
          723
        • 【第145回】グランドオープン
          おさとうさん
        • 【第131回】玉子にささげよう〜♪
          中途玉
        • 【第101回】鳥部活動からの新年会
          中途玉
        • 【第101回】鳥部活動からの新年会
          富士
        • 【第101回】鳥部活動からの新年会
          中途玉
        • 【第72回】裏日本ツーリング
          増垣幾三

        links

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM